忍者ブログ
2008/03/31に始めました。 趣味はオーディオと写真、熱帯魚(今はできない)と勉強(しなくても良くなった、全然しないのはダメだけど)のはずです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全曲を通して、かなりデッドで解像度はあまり余るし、分離、定位がきっちりしている。音場は結構平面的である。かなりドライな音調。低音が少し弱く、やや逆ピラミッドな音域。そのせいかsuaraの声量のなさとか、いっぱいいっぱいなところが露わになってしまって、ボーカル曲は聴けたものじゃない。

雰囲気とか、楽器数から言って室内楽の領域なんだけど、ここまでデッドな音源は聞いたことがない。確かに音は聞こえるが音楽が音の集合体にしか思えなくなってしまっている。

確かにスピーカーの音質チェックには良いかもしれないが、分離と定位が良すぎる上に高音が強く、重心がふらついて、とても聴き疲れする物になってしまっている。

しかしsuaraは声に厚さが全くないし、エフェクトかけないと、普通の人。今のjpopはみんなそんなものだけど。

ただ少し音量を大きくすると一変する。
デッドすぎるのが部屋の共震で少し周波数特性は悪くなるが、緩和される。低音もそのせいで量感がでてきて、幾分聴きやすくなる。

確かに機材チェックには使えるかもしれないが、音楽?と聴かれると答えられない。スタジオモニター的なCD。

こんなの出すなら、いっそのこと、主な弦楽器と管楽器が1つずつ音階練習しているCDを出す方がいいんじゃないの。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Twitter
    プロフィール
    HN:
    serieril
    性別:
    男性
    趣味:
    オーディオ、写真
    自己紹介:
    同人音楽サークルのヴェクセルドミナンテのレコーディングエンジニアやってます。
    趣味はオーディオ、熱帯魚、パソコンと相変わらずですが、温かく見守ってください。
    ブログ内検索
    カウンター

    Copyright © [ ああ、何で ] All rights reserved.
    Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
    Special Thanks : 忍者ブログ
    Commercial message : [PR]