忍者ブログ
2008/03/31に始めました。 趣味はオーディオと写真、熱帯魚(今はできない)と勉強(しなくても良くなった、全然しないのはダメだけど)のはずです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

YAMAHA社製AVアンプ DSP-AX863
CIMG1101_R.jpg







BDを高音質、高画質で見るために買ったもの。機能には満足。

一般的なAVアンプよりもYAMAHAの物はDSPが強力でかなり補正が効くと良く耳にするけど、確かに、かなり効く。効き過ぎて、Straightとpuredirectしか使わないこともあるけどw

何とかのホールとか言う設定もあって、それは本当に反響がすごい。面白いのは面白いんだけど、使おうとは思わないかな。

プリアンプとして使っているんだけど、スピーカーを鳴らす能力も中々のもの。TANNOYとか能率の良い物は結構鳴らせるんじゃないかな。かなりクリアな音質で味付けと言うものを感じさせない音。ちょっと欠点は見当たらないかもしれない。結構なレベルでそろっている。ただ、長所も無いんだけれども。
PR
LINN社製CDプレイヤー IKEMI
CIMG1066_R.jpg






今まで夢見ていたCDプレイヤー。やっと手に入れることが出来た。
最近の相場だと20万半ばで随分安くなってきた様子。こんなに良い音のプレイヤーがそのぐらいで手に入るとはとんでもない時代だ。

音の特徴はなんと言っても、音の空気感。多分それは音の濃さ、情報量、音場、定位から導き出されるものだとは思うんだけど、他の機種には無いものがそこにはある。

音を出すと部屋に自然に音が満ちる。そんな感じの音がIKEMIにはある。

ただ、うちの環境だと低音が濁り気味で気持ちよく鳴ってくれないので、色々と試している最中。多分電ケーが悪いとは思うんだけど。

TANNOY社製スピーカー Glenair10
Glenairc.jpg








Glenair.jpg








最高だ。思わずそういってしまうほど私の好みに合った音を出すスピーカーだ。

音場はそこそこに広がり、奥行きもそこそこ、壮大には鳴らさない。定位はしっかりしているが、指向性が高いため、セッティングに気を使う。頭を大きく動かすと音が変わってしまう。

低音高音は量感がそこそこあるが、ややかまぼこ気味である。伸びると言ってもそこそこである。
低音は切れが悪いため、ロックなんて聞いたらぼやついてしまう。

そこそこの部分が多いが、それを補って余り余るほどの良さが中域にある。中域の濃さ、艶はどのスピーカーにも真似できない。

室内楽を鳴らしたとき、高音低音中域がきれいにマッチして言葉で言い表せないほどのハーモニーを生む。あの弦の響きは聞いたら忘れられない。

クラシック、スローなジャズを聴くなら最高のスピーカーだろう。そう私は思っている。

YAMAHA社製スピーカー NS-1000M1000m.jpg









いわずと知れたセンモニである。

モニタースピーカーらしからぬ低音の量であるが、それ以外はモニターらしく味付けのない実直な音である。

分解能、音場ともに広いが、奥行きがなく定位が甘い。低音の量は多いが抜けがいいので、ロックなんかも聴ける。

万能は万能であるが、Glenair10がある今、クラシックとジャズは聴こうとは思えない。聞くとしたらGlenair10では音が遅れてしまうロックやハイスピードのpopsやジャズだろう。

DENON社製レコードプレイヤー DP-59LLDP.jpg







他のレコードプレイヤーを持っていないので、音は良く分からないが、CDよりもLPのほうが音がいいということは実感できる。

音の厚み、伸び、奥行きまでがCDを圧倒している。便利さには勝てないが、LP→テープでそれをカバーできる。
もちろんLPは保存が利かなくて、カビが生えたりもするけれど、それを鑑みても余り余るほどの音質の良さである。
LPを聴いたことのない人はいっぺんでも聴いたほうがいいだろう。音の違いに驚くはずだ。

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
    プロフィール
    HN:
    serieril
    性別:
    男性
    趣味:
    オーディオ、写真
    自己紹介:
    同人音楽サークルのヴェクセルドミナンテのレコーディングエンジニアやってます。
    趣味はオーディオ、熱帯魚、パソコンと相変わらずですが、温かく見守ってください。
    ブログ内検索
    カウンター

    Copyright © [ ああ、何で ] All rights reserved.
    Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
    Special Thanks : 忍者ブログ
    Commercial message : [PR]