忍者ブログ
2008/03/31に始めました。 趣味はオーディオと写真、熱帯魚(今はできない)と勉強(しなくても良くなった、全然しないのはダメだけど)のはずです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Akurate DSのレビューを書いていないけど、動画の方を先に作ってみた。
今回比べる機器は
Onkyo C-1VL
Marantz CDV780
LINN IKEMI
LINN AKURATE DS
の4機種。どんな違いがあるのでしょうか。



PR
秋の夜長に。暇だったので。

オーディオとは何か。
それは自分が理想とする音を突き詰め、それを再現することである。
そのために音源の音を素直に出す業務用とは一線を画す民生用オーディオがあるのであり、それらを組み合わせることで自分の理想とした音を再現するのだ。

まぁこんな感じです。私はこう考えると全てうまくいくのでこう考えることにしてます。理論物理の世界みたいだw

世の中にはCDPやアンプでは音は変わらないし、ケーブルなんてもってのほかだとおっしゃる方がいますが、その方は本当に自分の理想としている音と、生演奏の音とを区別しているのでしょうか。

生演奏で出される音はマイクを通して録音され、ミックスされ、CD等にプレスして販売されるわけですが、それを家庭で再生したとしても生演奏の通りに再生されるわけがない。また、そんなことを目指すなら聞きに行ったほうが早いでしょう。

そこでオーディオマニア達は自分の理想とする音をスピーカーで大雑把に決め、アンプ、CDPで詰めて、ケーブルで細部を整えて、再現する。
その基準は自分次第だから、あの機器が出す音は良いとか悪いとかの評価は全く当てにならず、精々当てになるのは低音、高音がどれぐらいでているかの音の傾向ぐらい。それだって感じ方に違いがあるから、当てにならないときもある。

つまり自分の耳しか信用できる物が無い中での理想の音を追求していかざるを得ない。自己顕示欲からは離れた何て高尚な趣味なんでしょうオーディオは。

全くそんなことは無いわけで。まぁ高尚なんてのは趣味にはないでしょう。単なる暇つぶしだから、趣味なんて。

でもオーディオの姿勢はこれで間違ってはいないと思う。客観的に良い音なんて、存在しないのにそれを追い求めるから泥沼にはまる。将来そうならないように、自分の感性を信じて、オーディオマニアの道を突き進もうと思うわけです。

全曲を通して、かなりデッドで解像度はあまり余るし、分離、定位がきっちりしている。音場は結構平面的である。かなりドライな音調。低音が少し弱く、やや逆ピラミッドな音域。そのせいかsuaraの声量のなさとか、いっぱいいっぱいなところが露わになってしまって、ボーカル曲は聴けたものじゃない。

雰囲気とか、楽器数から言って室内楽の領域なんだけど、ここまでデッドな音源は聞いたことがない。確かに音は聞こえるが音楽が音の集合体にしか思えなくなってしまっている。

確かにスピーカーの音質チェックには良いかもしれないが、分離と定位が良すぎる上に高音が強く、重心がふらついて、とても聴き疲れする物になってしまっている。

しかしsuaraは声に厚さが全くないし、エフェクトかけないと、普通の人。今のjpopはみんなそんなものだけど。

ただ少し音量を大きくすると一変する。
デッドすぎるのが部屋の共震で少し周波数特性は悪くなるが、緩和される。低音もそのせいで量感がでてきて、幾分聴きやすくなる。

確かに機材チェックには使えるかもしれないが、音楽?と聴かれると答えられない。スタジオモニター的なCD。

こんなの出すなら、いっそのこと、主な弦楽器と管楽器が1つずつ音階練習しているCDを出す方がいいんじゃないの。

TAOC社製オーディオラック MSR-3L-DG
CIMG1099_R.jpg






機器は増えてきた+前の倉庫用ラックの不安定さが気になって、購入。

ラックとしても家具としても優秀。剛性はちゃんとあり、しっかりしているし、自己主張せず溶け込んでいる。特に不満点も見当たらない。

組み立ても1人で出来る程度の大きさ。もちろんそれなりのスペースがあるのが前提だけれども。

Pioneer社製プラズマテレビ PDP-5010HD
CIMG1075_R.jpg






思わず買ってしまった一品。

本当はPanasonicのPZ800にしようと思っていたんだけど、どうせ買うなら良いやつを買おうと思って、本当に良いやつを買ってしまった結果がこれ。

安い液晶でLDの白黒映画とか見てると、どうにも雰囲気が出ないんだけど、このテレビはその雰囲気がちゃんと出る。古い映画をどんどん見たくなってしまう。

もちろん、最新のBDもくっきりはっきり映すことも出来る。もちろんパネルの基本能力が高いせいだと思うんだけど、何にせよ、買ってよかったと思えた製品。

新製品の500Aはそうでないらしいんだけど、この5010HDは真っ暗にしてみると、流石にパネルと枠の間に黒の色に差がある。気になることはそうはないんだけど、強いて不満点を上げるといえばそこ。
HOMENext ≫
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
    プロフィール
    HN:
    serieril
    性別:
    男性
    趣味:
    オーディオ、写真
    自己紹介:
    同人音楽サークルのヴェクセルドミナンテのレコーディングエンジニアやってます。
    趣味はオーディオ、熱帯魚、パソコンと相変わらずですが、温かく見守ってください。
    ブログ内検索
    カウンター

    Copyright © [ ああ、何で ] All rights reserved.
    Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
    Special Thanks : 忍者ブログ
    Commercial message : [PR]